第二大阪警察病院
各センターのご案内
スポーツ医学センター
スポーツ活動では様々な外傷や障害が起こります。一般的な治療では傷害が起こってからの対応となり、もとのパフォーマンスが得られない状況も多々あります。スポーツ医学においては傷害の予防、傷害が起こってしまったときの治療、そして復帰までのサポートが重要となります。
この度、第二大阪警察病院の設立にあたり、アスリートの治療およびサポートをさらに拡大・発展すべくスポーツ医学センターを開設することとなりました。当センターでは従来の整形外科、リハビリテーション科に加え、脳神経外科、脳神経内科、内科、婦人科、歯科、薬剤部、看護部、栄養部などが参加し、様々なスポーツ選手に対してより多角的にサポートしていける情報提供、環境作りに取り組んでいます。
対象疾患
肩関節脱臼
肩腱板損傷
投球障害肩
野球肘
手指の腱・靱帯損傷
膝靱帯・半月板損傷
頸椎椎間板ヘルニア
頚椎症性神経根症
腰椎分離症
腰椎椎間板ヘルニア
脳振盪
スポーツ喘息
その他スポーツに伴う傷害