第二大阪警察病院
  • ホーム
  • 看護部のご案内|部署紹介

西5病棟 細やかなハートと責任を持って、多職種と連携し、
患者さんを支えます

消化器外科、腎臓内科、皮膚科の混合病棟とHCU4床を有する病棟です。看護の基本を大切に、患者さんとご家族の気持ちに寄り添い安心して入院生活が過ごせるよう、チーム医療を通じて専門性の高いケアができるよう努めています。

西6病棟 入院時より医療チームが連携を密にして
早期の社会復帰に向けて支援します

免疫内科、呼吸器内科の患者さんに対し、急性期治療に対する看護の提供と入院時より退院後の生活を見据えた環境調整にチームで取り組んでいます。

西7病棟 頭頸部の疾患、症状、治療にチームで取り組んでいます

耳鼻科、歯科口腔外科、眼科の病棟です。手術をはじめ、放射線療法、化学療法などを受ける患者さんが、安心して過ごせる環境つくりを心がけています。不安なく退院を迎えていただけるよう、早期から他職種と連携して準備を進めています。

西8病棟
(地域包括ケア病棟)
他職種・地域と連携したスムーズな退院支援を行います

地域包括ケア病棟はDM教育入院と急性期からの転棟を受け入れる病棟です。患者さんの状況に応じた患者さん・家族指導・ADL拡大リハビリ・環境調整を行い安心できる退院支援につなげています。

東5病棟 多職種連携し基本を大切に
安全・安心できる看護を提供します

整形外科・泌尿器科の外科系混合病棟です。検査の短期入院から周術期、リハビリ期、終末期まで様々な病期の入院患者さんを受け入れています。スタッフチームワークを大切に多職種でのカンファレンスを行い、療養環境の調整、退院・転院サポートに取り組んでいます。

東7病棟 患者さんの心に少しでも残るような
看護を大切にしています!

膠原病・リウマチ科と腎臓内科の患者さんを主に看護しています。様々な職種と連携をとりながら病気を治療する看護までを行っています。

東8病棟 安全・丁寧・誠実をモットーに
心のこもった看護を提供します

治療期から終末期まで、あらゆるステージの血液疾患患者さんが入院して療養されています。クリーンルームがあり、化学療法・輸血療法・抹消血幹細胞移植などが行われています。緩和ケアや遺族ケアにも積極的に取り組んでいる病棟です。

手術室 安心して手術を受けられるよう、
患者さんの思いに寄り添った看護を提供します

私たちは専門性の高い周術期ケア(術前術中術後)の実践と、多職種連携による安全で安心な手術室看護を目指しています。術前術後訪問を行い、患者さんの声を取り入れ不安の軽減につながる看護ケアを提供しています。

外来部門 安全で信頼される看護、
患者に寄り添った看護の提供をします

在宅(地域)で安心して生活できるよう、地域との連携を図り患者さん目線での指導・支援を行います。

患者支援・
入退院センター
患者さんが住み慣れた場所で
永く暮らし続けていけるために一緒に考えます

入院決定時、外来通院時から情報収集と提供を行います。患者さんやご家族の方が安心して、入院、治療をうけて、在宅療養が継続できるよう多職種と連携して支援していきます。