第二大阪警察病院
NTTについて
外観

理 念

  • 心優しき全人的医療を地域に提供し、みなさんに愛される病院を目指す。
  • “愛・熱・和”の精神と、人を思いやり慈しむ “仁” の心で、病める人中心の医療を提供する。
  • 日本・世界の医療の発展に寄与する。

基本方針

第二大阪警察病院は、次のことを目指します。

  • 最高のレベル、最新の医療技術・機器を取り入れ、高度先進の医療と、安心と信頼を頂ける医療を提供します。
  • 救急および災害時医療、心・脳血管障害、癌などの成人病治療・予防などに対応する、安全で、根拠に基づく良質な医療を提供します。
  • 中核病院として、地域との連携を図り、住民の方々の健康を守ります。
  • 医の倫理を尊重し、常に自己研鑽し、誠実に医療に取組みます。

患者の皆さまの権利と義務

第二大阪警察病院は、理念に基づく基本方針を実践するため、ここに「権利と義務」の規範を掲げます。

  • 個人の尊厳およびプライバシーが守られること。
  • 平等かつ最善の医療が受けられること。
  • 自己の病状や治療に関して、十分な説明を受け、了解した上で自ら決定すること。
  • 最善の治療を受けるため、ご自身の健康に関する情報を提供していただくこと。
  • 他の患者の皆さまの療養生活を妨げないよう、お互いに配慮していただくこと。

倫理綱領

  • 臨床倫理綱領
    私たち職員は、臨床現場における倫理(臨床倫理)の原則を制定し、医療を受ける人々の尊厳、人権に十分に配慮し、本綱領に従って質の高い医療を提供します。
    • 関係法規、ガイドラインを遵守し、治療を行います。
    • 医療を受ける人々の権利、尊厳に関わる医療については、倫理委員会等において審議を行い、治療方針を決定します。
      (1)尊厳死、延命治療等の生命の尊厳に関わるもの
      (2)医療を受ける人々の信仰、信条に関わるもの
    • 医学医療の発展のために積極的に臨床研究を遂行し、その実施については、倫理委員会ならびに治験審査委員会等において十分審議、検討を行います。
  • 職業倫理綱領
    私たち職員は、人の健康を維持もしくは増進するという責務の重大性を認識し、当院の理念ならびに基本方針に基づき、職業倫理綱領を定めます。
    • 職業の尊厳と責任を自覚するとともに、品位を保ち、人格を高めるよう努めます。
    • 最新、最高の医療を提供すべく、常に自己研鑽に励み、医療水準の向上に努めます。
    • 医療を受けるすべての人に対し、医療安全と心の通った接遇による医療サービスを大切にし、最善を尽くします。
    • プライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守するとともに、個人情報の適正な取り扱いを徹底します。
    • 職場内外でのチーム医療の実践に努めるとともに、地域との良き協力関係を構築します。