第二大阪警察病院
  • ホーム
  • 看護部のご案内
  • 教育|教育体制

教育理念

第二大阪警察病院の看護職員は、当院を頼りに来院される患者さんに最高の医療を提供できるよう日々頑張っています。医療を提供するための基本は“人”です。そのため看護部は、病院の理念である“愛・熱・和”の精神と、人々を慈しむ“仁”の心を大切に、科学的根拠に基づいた専門知識・技術を磨き、迅速で適確な判断ができる看護職を育成する現任教育に力を入れています。 一方で、多くの看護職者は、専門職者としてより高いレベルの成果をあげられるように、自らの能力開発へのニーズを持っています。そのため、看護部は、個々の職員が職能として求められる能力と、個人のキャリア開発のニーズとを融和させ、専門職業人としての成長、発達を支援し、知識・理論と実践とが統合できるような教育的臨床環境を提供できることを心掛けています。

教育概念図

看護部の教育理念
病院の理念に則り、全人的医療を進める医療チームの一員として、質の高い看護実践ができる人材を育成する。

<教育目的>
  • “愛・熱・和”の精神と“仁”の心を持って、人々と共感的に関わることのできる態度を育成し、社会人、組織人として幅広い人間性を養う。
  • 患者・家族を中心とするチーム医療に貢献できる看護職を育成する。
  • 個々の看護職に職能として求められる能力と、個人のキャリア開発のニーズを融合させ、専門職業人としての成長・発達を支援する。

<教育目標>
  • 看護職としての倫理的感性を育成する。
  • チーム医療を推進するため、個々のレベルに応じた看護実践・教育
  • 研究を推進し、その成果を看護の発展、質向上に応用する能力を育成する。

段階的教育プログラム

新人からエキスパートナースへと段階を踏んで実践能力を育成するシステムを取り入れています。それぞれに応じた到達目標を臨床看護実践能力をもとに、実践・管理・教育・研究の面から設定し各レベルに応じた研修を行っています。
専門分野は糖尿病・感染管理・がん性疼痛看護認定看護師によるレベル別研修を実施しています。看護師個々の目標やレベルに応じた教育的サポートを行い、キャリア開発に役立て自律した看護師の育成をめざしています。

バランスのとれた指導のために

自立した看護師の育成をめざし、看護師が主体的に学ぶための教育を実践。教育の理念・方針・目標に沿った院内教育計画に基づいた集合教育を行っていきます。また、職場内教育を通じて、自らの役割を、責任を持って果たすことができ、患者さん中心の適切な看護が行えるよう、個々の目標管理を行い、温かく指導していきます。

指導ステップ

新卒看護職員の教育体制

プリセプター制度を基本とし教育担当者と協力しながら新人の個人に合わせた成長をサポートできるように丁寧な指導を実践しています。新人看護師が多くの困難を乗り越え「看護師になってよかった」と思えるように支援しています。

2019年度 新人研修プログラム

実施月 研修名
4月 多職種合同オリエンテーション
チーム(仲間)作り
看護倫理について
医療安全対策
感染管理の基本Ⅰ
看護過程と看護記録
重症度、医療・看護必要度
採血法
点滴静脈内注射法
薬剤を正しく投与するための基本
5月 輸液ポンプ・シリンジポンプの管理
感染管理の基本Ⅱ
6月 内服薬について
3か月目フォローアップ研修
褥瘡対策(褥瘡予防とスキンケア)
栄養管理

9月

6か月目フォローアップ研修

10月

フィジカルアセスメントⅠ
11月 心電図研修 基礎編
呼吸器研修
1月 急変の予測と看護
急変時の看護

2月

多重課題研修

3月

看護観発表会